カテゴリ

コンテンツ
メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カレンダー
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日

健康


このエントリーをはてなブックマークに追加



健康にも美容にも! 水素水を飲むメリットって?


私たち人間は呼吸で常に酸素を取り入れていますが、体内に取りれられた酸素のうち、1〜5%程度が「活性酸素」になると
言われています。

活性酸素は強力な酸化力を持ち、体内の細胞を酸化させてしまい、健康や美容にさまざまな悪影響をおよぼします。

この活性酸素を除去する効果があるとして、最近注目を浴びているのが「水素水」です。

 

暑い季節こそ気をつけて! 夏の冷え性対策


暑い夏は冬と変わらないぐらい、冷え性に悩まされる人が多い季節です。

冷房が効いた室内で過ごすことが多い人の場合、冷房によって身体が冷えるのはもちろん、汗による老廃物の排出がうまく行えず
血流が滞りがちになったり、 体温調節の働きが弱まったりと、冷え性を引き起こす要因がいっぱい。


 

日本古来の薬草、不老長寿の妙薬「日本山人参」について


日本山人参「イヌトウキ(学名:Angelica. shikokiana.Makinoアンゼリカ・シコキアーナ・マキノ)」は、宮崎県に自生する植物です。
根が朝鮮人参に似た形をしているため、「日本山人参」と呼ばれるようになったと言われています。
江戸時代の九州では「神の草」と呼ばれ、民間療法に用いられていたとされています。

当時は門外不出の妙薬として大切にされていましたが、乱獲などが原因で、現在では天然のイヌトウキはほとんど
見られなくなっています。
 

体内もこんがり茶色に!? 老化の原因物質「AGE」とは


人間の身体の老化を引き起こす原因にはさまざまな要因がありますが、最近の研究で、老化と密接に関係していると考えられるようになったのが、 「AGE」と呼ばれる物質です。

AGE(Advanced Glycation End Products)とは、タンパク質と糖が過熱されてできる物質のこと。
体内にAGEがたまることで、骨や血管が弱くなったり、視力が低下したり、肌にシワができたりといったさまざまな老化を引き起こす原因 となると考えられています。
 

放っておくとキケン! 貧血の改善には鉄補給が肝心


だるさや息切れ、めまい、立ちくらみなどを引き起こす「貧血」

女性や成長期の子どもに多く見られる症状です。<
貧血になると全身への酸素供給を補うため、心臓に負担がかかりやすくなり、悪化すると心不全などの原因になる場合もあります。
 

腸内環境を整える「第三の方法」とは!?


便秘がちだったり、逆に下痢気味だったり、最近どうもお腹が弱くなった気がするという方は、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが
崩れてしまっているかもしれません。

腸内のバランスが崩れると、便秘だけではなくさまざまな不調を招く原因になります。

 

生活習慣病90%は活性酸素が原因!「タカダイオンで老化・病気を遠ざける


酸素は私たちが生きていくうえで欠かせないものです。

しかし、この酸素があるきっかけで活性酸素というものに変化してしまいます。
そしてこの活性酸素こそが、さまざまな老化現象や病気を引き起こす真犯人ではないかと考えられているのです。

 

老化防止に欠かせないミネラル!「珪素(ケイ素)」の働きについて


珪素(ケイ素)というミネラル成分をご存じでしょうか。
日本ではまだあまり普及しておらず、聞いたことがないという方も多いかもしれませんね。

珪素は、酵素とともに生物界に最も多く存在する元素の一つです。


 

ノロウイルスによる胃腸炎 症状と予防法は?


毎年、寒い季節になると発生が増えるノロウイルスによる胃腸炎や食中毒。

健康な大人の場合、重症になることは少ないですが、小さなお子さんやお年寄りにとっては脱水症状や体力の消耗などを引き起こし危険なこともあります。
そんなノロウイルスによる胃腸炎の症状や治療法、予防法についてお伝えします。


 

気になる残留農薬……野菜を安全に食べるには?


農薬の使用量が多い国と言うとどこが思い浮かぶでしょうか。

中国やアメリカあたりが多い印象ですよね。たしかに、広い国土を持つ中国やアメリカは、農薬の総使用量は多いです。
でも、総使用量を耕作面積で割った時の農薬使用量は、実は日本はアメリカの7〜8倍多いことがわかっています。

日本の単位面積あたりの農薬使用量は韓国に次いで世界で2番目に多いのです。



 

しなやかで若々しい身体を支える「コラーゲン」の健康効果


コラーゲンはわたしたちの身体を構成しているたんぱく質の一種です。

体内のたんぱく質の約30%を占め、皮膚や骨、軟骨、内臓などに存在しています。
コラーゲンには細胞と細胞を結びつける役割を担っています。
弾力性があって、肌にハリや弾力をもたらしたり、血管のしなやかさを保ったりといった働きがあります 。

体内のコラーゲンの量は20歳頃がピークで、年齢を重ねるにつれて減少していきます。
年齢とともに、体内で作られるコラーゲンの量・質ともに低下すると言われています。

 

神の贈り物「コタラヒム」のダイエット効果がすごい!


コラーゲンはわたしたちの身体を構成しているたんぱく質の一種です。

体内のたんぱく質の約30%を占め、皮膚や骨、軟骨、内臓などに存在しています。
コラーゲンには細胞と細胞を結びつける役割を担っています。
弾力性があって、肌にハリや弾力をもたらしたり、血管のしなやかさを保ったりといった働きがあります 。

体内のコラーゲンの量は20歳頃がピークで、年齢を重ねるにつれて減少していきます。
年齢とともに、体内で作られるコラーゲンの量・質ともに低下すると言われています。

 

ツラい腰痛の原因は? 腰痛を改善する方法


ツラい腰痛の原因は? 腰痛を改善する方法
多くの人を悩ませる「腰痛」。
日本人の成人約80%以上が「腰痛を経験したことがある」と言われています。

また、いわゆる「腰痛持ち」と呼ばれる慢性的な腰痛に悩まされる方も約30%いるとされています。

腰は身体の中心にあたる大切な部分。痛みがあると日常の動作に支障が出る場合もあります。
腰痛の原因や改善法を知って、腰痛になりにくい身体を目指しましょう。


 

大切なペットをノミ・ダニから守るために


犬や猫の健康管理の一つに、ノミやダニの予防があります。

ノミなどがペットの皮膚に寄生すると、かゆがってかいたりひっかいたりすることによって皮膚炎を起こすことがあります。
また、アレルギーの原因となったり、寄生虫を媒介するケースもあります。

さらに、飼い主である人間を刺す場合もあるため、ペットを外に出す時には、しっかりと虫よけ対策をすることが大切なのです。

 

食べ物の解毒・消化吸収に! 注目のクマ笹って?


古くから胃腸薬や、料理の防腐防止のために使われてきたクマ笹。

食べ物の解毒・消化吸収を促進し、肝腎の負担を軽くすると言われる、注目のクマ笹についてご紹介します。



 

予防接種では防げない!? 心がけたいインフルエンザ予防対策


本格的に寒くなってきました。

この時期になると猛威を振るい始めるのが「インフルエンザ」ですね。
日本では例年、12月から3月が季節性インフルエンザ流行のピークとなります。

38度以上の高熱や全身の関節痛など、インフルエンザを発症した場合の症状は、体力のある大人でも辛いものです。
また、小さなお子さんや高齢の方などでは、脳症や肺炎などの合併症を引き起こす重症となる場合もあります。



 

ブルーベリーよりすごい!? 目の疲れに「カシス」が効果絶大


仕事で長時間パソコン作業をする方などには、疲れ目に悩まされている方が多いものです。
慢性的に疲れ目の状態が続くことによって、目の疲れや痛みだけでなく、肩こりや頭痛などの症状が現れる場合もあります。

目の疲れに効く食品と言えば、ブルーベリーを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。
ブルーベリーに含まれる紫色の色素であるポリフェノール「アントシアニン」に、目の疲れや血流を改善する働きがあるためです。



 

キチンと知ろう!花粉症と対策


温かい気候で、過ごしやすくて快適な春。

しかし、木本花粉症の方にとっては、一年で最もつらい季節かもしれません。
改めて自分の花粉症は何が原因どんな対策があるのか知り、キチンと対策を行いましょう。

今回は、花粉症と対策についてお話します。  

意外と知らない? 腸内フローラと乳酸菌生産物質


私たちは生きていく上でたくさんのことを学びますが、自分たちの体は分からないことがたくさんあります。
中でも、第二の脳と呼ばれている腸のことをあまり知らない方は多くいらっしゃるはずです。
突然ですが、あなたは腸内フローラという言葉をご存知でしょうか?

今回は、腸内フローラと乳酸菌生産物質についてお話します。  

アトピーと皮膚常在菌の深い関係

アトピーと皮膚常在菌の深い関係

アトピー性皮膚炎の発症は免疫力の低下や遺伝、生活環境などさまざまなものが原因とされていますが、
根本的な原因は「皮膚常在菌」が関係していることをご存知でしょうか。

今回は、アトピーと皮膚常在菌の関係についてお話します。  

老化・病気の元!腸の汚れ炭が浄化する?

老化・病気の元!腸の汚れ炭が浄化する?

内臓の不調は、体のありとあらゆる場所に悪影響をもたらすことは皆さんご存知でしょう。

特に腸は、正常に機能していないと身体を老化させてしまったり、病気の原因になることもあるのです。
そんな腸の浄化に、「炭」を使うと良いことをご存知でしょうか?

今回は、腸の汚れの影響と炭の関係についてお話します。  

「血管年齢にも美容にも?」エラスチンと体の関係

「血管年齢にも美容にも?」エラスチンと体の関係

加齢は、女性にとって戦い続けなければいけない永遠のテーマですよね。

老化と深い関係を持つ、エラスチンと言う組織のことをご存知でしょうか?
加齢によってエラスチンが減少してしまうと、見た目年齢の加齢が進んでしまいます。
今回は、エラスチンと体の関係についてお話します。  

海の力で健康になれる「ヒトデパワー」の魅力

海の力で健康になれる「ヒトデパワー」の魅力

魚や海藻、そして貝などの海の幸は、わたしたち人間を健康にしてくれる成分<を豊富に含んでいます。
さまざまな種類のあるヒトデですが、中でも「ヒトデ」には生命力を上げてくれる成分が豊富に含まれていることをご存知ですか?

今回は、精力をサポートしてくれるヒトデパワーについてお話します。  

アトピーを改善する? フルボ酸と皮膚炎の関係

アトピーを改善する? フルボ酸と皮膚炎の関係

フルボ酸は、健康や美容のエキスパートとして女性に親しまれています。
肌の深層部にまで届き肌質を改善してくれると美容面で重宝されるフルボ酸ですが、実はアトピーの改善にも効果があると言われているのです。

フルボ酸とアトピーにはどのような関係があるのでしょうか。
今回は、フルボ酸とアトピーの関係についてお話します。  

アワビエキスが凄い!緑内障・白内障とアワビの関係

アワビエキスが凄い!緑内障・白内障とアワビの関係

目の病気の中でも、中年〜高齢の男女に多く発症するのが緑内障と白内障です。
どちらも私生活に影響を及ぼす厄介な病気で、緑内障は一度発症してしまうと現代の医療では進行を遅くすることしかできません。
この緑内障・白内障の症状に、アワビの貝殻が効果的だと注目を集めていることをご存知でしょうか?

今回は、緑内障・白内障とアワビの関係を紹介します。  

美肌を目指す人必見「 ぷるぷる赤ちゃん肌」になる方法

美肌を目指す人必見「 ぷるぷる赤ちゃん肌」になる方法

赤ちゃんのような「もちもち」「ぷるぷる」としたキメの整った肌に憧れている人は多いと思います。スキンケアは頑張っているはずなのに、なかなか肌の調子が上がらないという人は特に必見! 「ぷるぷる赤ちゃん肌 になるケアテクニックを紹介します。  

なぜ人気?知っておきたい「ユーグレナ」の効果

なぜ人気?知っておきたい「ユーグレナ」の効果
ユーグレナ(正式名称:ユーグレナ藻)とは、ワカメや昆布などに分類される藻類の一種です。
ただ厳密に言いますと、海草ではなく「ミドリムシ」など非常に小さな原始生物から構成されています。
ユーグレナに注目が集まっている最大の理由は、なんと言ってもその栄養素の豊富さです。
 

入れるだけ!お風呂の塩素を除去する4つのアイテム

入れるだけ!お風呂の塩素を除去する4つのアイテム
お風呂を沸かすと塩素の独特な臭いで頭痛がしたり、入浴したときに肌がピリピリしたりすることがあります。
また、いくらスキンケアをしていても、塩素によるダメージで肌が乾燥してしまうということもあるのです。

そんな肌に悪影響を及ぼす塩素を除去するアイテムをご紹介していきます。  

特に乳幼児は要注意! RS感染症の症状と予防法

特に乳幼児は要注意! RS感染症の症状と予防法
乾燥が進むと怖いのがインフルエンザなどの感染症ですね。

そのなかでも、最近増えてきている「RSウイルス感染症」というものをご存じでしょうか?
RSウイルスは乳幼児に感染しやすい特徴をもっているだけでなく、免疫機能の弱くなってきた高齢者にも注意が必要な感染症です。  

薬用ホットタブで温活! 重炭酸湯の温泉の効果効能

薬用ホットタブで温活! 重炭酸湯の温泉の効果効能
最近ではますます寒さが増して、体が温まりにくい時期になってきました。

全身の冷えのために活動しにくいだけでなく、肩やのこりや冷え症、血行不良がさらに悪化してしまう方も多いのではないでしょうか?
そこで試していただきたいのが重炭酸湯での温活です!
ここでは重炭酸湯の効果について紹介致します。  

十分に対策取れてる? 基本を再確認して入念な花粉症対策を!

十分に対策取れてる? 基本を再確認して入念な花粉症対策を!
毎年春になると、花粉に悩まされうんざりしてしまいますよね。花粉症対策をしているのに花粉症が辛いという方も多いのではないでしょうか?
それは、自分が取っている対策では不十分だからかもしれません。

ここでは、ちゃんとおさえておきたい花粉症対策を改めてご紹介します。  

花粉だけじゃない、ウイルスやPM2.5まで! 対策方法は?

花粉だけじゃない、ウイルスやPM2.5まで! 対策方法は?
春は風も強く、花粉が多く飛散する時期です。

ですが、怖いのは花粉だけではありません。ウイルスやPM2.5など目に見えない物質が飛び交っているのです。
それぞれどのような症状が起きるか? どのような対策が必要かご存知でしょうか?

ここでは、それぞれ体に及ぼす影響と予防法をご紹介します。  

十分に対策取れてる? 基本を再確認して入念な花粉症対策を!

十分に対策取れてる? 基本を再確認して入念な花粉症対策を!
毎年春になると、花粉に悩まされうんざりしてしまいますよね。花粉症対策をしているのに花粉症が辛いという方も多いのではないでしょうか?
それは、自分が取っている対策では不十分だからかもしれません。

ここでは、ちゃんとおさえておきたい花粉症対策を改めてご紹介します。  

花粉だけじゃない、ウイルスやPM2.5まで! 対策方法は?

花粉だけじゃない、ウイルスやPM2.5まで! 対策方法は?
春は風も強く、花粉が多く飛散する時期です。

ですが、怖いのは花粉だけではありません。ウイルスやPM2.5など目に見えない物質が飛び交っているのです。
それぞれどのような症状が起きるか? どのような対策が必要かご存知でしょうか?

ここでは、それぞれ体に及ぼす影響と予防法をご紹介します。  

1日2食とドリンクで健康的に痩せられる?置き換えダイエットとは

1日2食とドリンクで健康的に痩せられる?置き換えダイエットとは
ダイエットと聞くと、厳しい食事制限や運動がイメージされがちです。
忙しい日々を送りながら1食1食のカロリーを管理し、さらに運動までするというのは至難の業ですよね。

そこでオススメなのが「置き換えダイエット」です。
今回は、効果的な置き換えダイエットの方法と、オススメのダイエット食品についてご紹介します。  

知らないと損? 美容と健康にオススメのモリンガとは

知らないと損? 美容と健康にオススメのモリンガとは
最近では、スーパーフードという言葉も珍しくなくなりましたね。
美容のためにアサイーやチアシードなどを生活に取り入れているのではないでしょうか?

ここでは、美容にも健康維持にも期待できる新たなスーパーフード「モリンガ」についてご紹介します。  

ストレス改善に効果的!玄米に含まれる「GABA」で心身を健康に

ストレス改善に効果的!玄米に含まれる「GABA」で心身を健康に
近年、ストレス改善に効果的であるとして注目を集めている「ギャバ(GABA)」。
サプリメントやチョコレートなどのパッケージでこの名前を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

実はギャバには、ストレス改善以外にもさまざまな効果があるのです。
今回は、ギャバの効果や効能、ギャバを豊富に含んでいる食品についてお話します。  

赤ミミズが血液のドロドロを解消する? 話題のミミズ酵素とは

赤ミミズが血液のドロドロを解消する? 話題のミミズ酵素とは
血液がドロドロになり血流が悪くなってしまうと、さまざまな病気を引き起こします。

血液は、酸素や栄養素を体のすみずみに送り届け、二酸化炭素などの不要になった老廃物を排出するという重要な役割を果たしています。
そんな血液の流れが滞ると、高血圧や動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの生死に関わる大病に繋がることも。

健康な体を保つためには、血液の流れをサラサラにすることがとても大切なのです。
そこで今回は、血流改善に効果的だとして注目を集めている「ミミズ酵素」についてお話します。  

アレルギー性疾患の改善に効果的? KT-11乳酸菌とは

アレルギー性疾患の改善に効果的? KT-11乳酸菌とは
近年、花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー患者が増加しています。
診断を受けていないまでも、何かしらのアレルギーによる自覚症状がある方はおよそ2200万人にのぼると推定されています。

一体なぜアレルギー性疾患の患者数が増加しているのでしょうか?
考えられる要因と、アレルギーの改善に効果的とされている乳酸菌「KT-11」をご紹介いたします。  

夏の食中毒対策! キッチンや食卓の除菌の徹底を!

夏の食中毒対策! キッチンや食卓の除菌の徹底を!
気温が上がり、湿度も同様に上昇するこの季節は、食中毒への注意が必要です。
ひとたび食中毒にかかれば、激しい腹痛や下痢、嘔吐といった症状に苦しむことに。

そこで今回は、食中毒を予防するために覚えておきたいポイントをご紹介いたします。  

女性必見! バスソルトが注目されている理由とは?

女性必見! バスソルトが注目されている理由とは?
お風呂は1日の疲れを洗い流し、リラックスするための大切な時間です。
またそれだけではなく、健康や美容にもさまざまな影響をもたらします。

お風呂の中に、「塩を入れる」と体に良いと聞いたことはありませんか?
今回は、お風呂に塩を入れることで得られる効果と、オススメのお塩をご紹介いたします。  

「人の身体は70%が水分」の内訳は? 脳脊髄液ってなに?

「人の身体は70%が水分」の内訳は? 脳脊髄液ってなに?
人間の身体は、およそ50~70%が水分でできているということは有名な話です。
では、その水分とはいったい何のことを指すのでしょうか?

今回は、人間の体液と、中でも重要な「脳脊髄液」についてお話しいたします。  

「ケイ素」と「フルボ酸」がもたらすスゴイ効果って?

「ケイ素」と「フルボ酸」がもたらすスゴイ効果って?
カルシウムやビタミン類、鉄分など、人間の身体を健康に保つための栄養素は数多くあります。
その膨大な数の栄養素について、私たちは果たしてどの程度の知識を備えているのでしょうか?

中には、一体どのような働きをしてくれるのかが分からない栄養素や、そもそも名前すら聞いたこともないような栄養素もあるはずです。
そこで今回は、今一部でひそかに注目を集めている「ケイ素」と「フルボ酸」について詳しくご紹介いたします。  

ハーブと鉱物の力で健康肌に? 「月桃」と「ドロマイト」とは

ハーブと鉱物の力で健康肌に? 「月桃」と「ドロマイト」とは
夏は、紫外線や汗、強力な日焼け止めなどで肌にかなりの負担がかかってしまう時期です。

ひと夏を乗り越えた肌は、ダメージが蓄積された状態になっています。
本格的に寒くなる前に、夏のダメージをケアしてあげなければいけません。

しかし中には、色んなスキンケアを試しているが自分の肌にしっくりくる方法が見つからないという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、スキンケアに効果を発揮し、夏の肌ダメージを改善してくれる意外なモノについてご紹介いたします。  

カルシウム不足の解消には珊瑚カルシウムが良いって本当?

カルシウム不足の解消には珊瑚カルシウムが良いって本当?
私たちの身体を構成する栄養素の中で特に有名なものと言えば「カルシウム」です。

身体を支える骨を作るための重要な栄養素ですが、実は日本人のほとんどが1日の必要摂取量をとれていないとご存知でしたか?
そこで注目されているのが「珊瑚カルシウム」。
一体なぜ珊瑚カルシウムが話題になっているのでしょうか。その理由を詳しくご紹介いたします。  

腸内環境を整えるってどういうこと? 腸と健康の関係とは

腸内環境を整えるってどういうこと? 腸と健康の関係とは
近年、「腸内環境を整えて健康になろう」といった話を耳にすることが増えてきました。
健康な体を維持するために、毎日ヨーグルトを食べているという方も少なくありません。

しかし、「腸内環境が良いとはどんな状態か」「腸内環境が健康に及ぼす影響とはなにか」までは詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、腸内環境と健康について、覚えておきたい基礎知識をご紹介いたします。  

未知の領域の技術? テラヘルツってなに?

未知の領域の技術? テラヘルツってなに?
みなさんは、「テラヘルツ波」というものをご存知ですか?
近年、さまざまな分野で実用化に向けて研究が進められているテラヘルツ。
健康グッズやストーンアクセサリーなどで名前を目にしたことがあるかもしれません。

テラヘルツとは、光と電波の間に位置する電磁波のこと。
今回は、話題のテラヘルツについて詳しくご紹介いたします。  

ショッピングガイド
お支払について
下記のお支払い方法をご利用になれます。
代金引換
銀行振込
カード決済
郵便振替
>>詳しくはこちら

返品・交換について
商品到着後2日以内に電話かメールにて必ずご連絡の上、7日以内にご返送下さい。
●返品、交換不可能な商品について商品到着後、1週間以上経過した商品・ご使用になられた商品
>>詳しくはこちら

配送について
郵パック
ヤマト運輸
レターパックライト

>>詳しくはこちら

営業日時について
・ご注文受付&メール受付
365日24時間受付
・電話受付&メール対応
平日10:00〜18:00

休業日・営業時間外のお問合わせは、
翌営業日以降に順次対応致します。

送料について
10000円以上お買い上げで送料無料
>>詳しくはこちら

お問合わせ
オプティマルライフ株式会社
責任者:広瀬 学
〒114-0003
東京都北区豊島1-30-2 飛鳥ハイム706
お電話:03-6903-0740
FAX:03-6903-0752