カテゴリ

コンテンツ
メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カレンダー
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日

ノロウイルスによる胃腸炎 症状と予防法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
毎年、寒い季節になると発生が増えるノロウイルスによる胃腸炎や食中毒。

健康な大人の場合、重症になることは少ないですが、小さなお子さんやお年寄りにとっては脱水症状や体力の消耗などを
引き起こし危険なこともあります。

そんなノロウイルスによる胃腸炎の症状や治療法、予防法についてお伝えします。
 

ノロウイルスによる胃腸炎とは?

ノロウイルスに感染することで起きる胃腸炎は、1年を通じて発生しますが、特に11月から3月の冬季に多く発生しています。

このウイルスに感染すると、24〜48時間の潜伏期間を経て発症します。主な症状は、吐き気やおう吐、下痢、腹痛などです。
健康な大人の場合は、これらの症状が1〜2日続いた後、治癒して後遺症もありません。

ただし、体力のない乳幼児や高齢者などが発症した場合、脱水症状を起こしたり体力を消耗するため、注意が必要です。
 

ノロウイルスによる胃腸炎の治療法


ノロウイルスに対する抗ウイルス剤は、現在のところありません。
このため、発症した場合の治療は、吐き気や腹痛、脱水症状などを緩和する対症療法のみとなっています。

発症した場合は体力を消耗しないよう、水分と栄養の補給を十分に行うのが大切です。
吐しゃ薬(下痢止め薬)は、回復を遅らせる可能性があるため、使用しないのが望ましいとされています。

脱水症状がひどい場合は病院で点滴を行う必要があるため、小さな子どもや高齢者が発症した場合は病院にかかるようにしましょう。
 

ノロウイルスの予防法

ノロウイルスは非常に感染力が高いウイルスですが、予防するためのワクチンも現在のところ開発段階で実用化されていません。
ノロウイルスによる胃腸炎を予防するためには以下のようなことに気をつけましょう。

■手洗いが予防の基本
帰宅時や食事前にはからなず、石けんを使って手洗いを徹底しましょう。

■食品はしっかり火を通す
ウイルスは一般的に熱に弱く、加熱することで活性が失われます。
二枚貝などノロウイルスの感染の危険性が高い食品は中心部までしっかり加熱しましょう。

■便や吐しゃ物の処理は慎重に
ノロウイルスは時間が経っても感染力がある場合があり、家庭内で誰かが感染した後の処理で家族が感染するケースが多く見られます。
便や吐しゃ物の処理には使い捨てのマスクや手袋を使い、処理に使った雑巾類などはビニール袋に密閉して捨てるようにしましょう。

 

ノロウイルス退治液で感染予防!

小さなお子さんやお年寄りのいるご家庭や、職場などでの日常的なノロウイルス予防におすすめなのが、「 ノロウイルス退治液・消毒液」です。

加湿器の水1リットルに対して10?のノロウイルス退治液を加えるだけで、室内のノロウイルスの活性を失わせることができます。
ノロウイルス以外にも、インフルエンザや結核菌などにも有効です。

寒い季節の体調管理や、ご家族の健康のためにぜひお試しください。

 
ショッピングガイド
お支払について
下記のお支払い方法をご利用になれます。
代金引換
銀行振込
カード決済
郵便振替
>>詳しくはこちら

返品・交換について
商品到着後2日以内に電話かメールにて必ずご連絡の上、7日以内にご返送下さい。
●返品、交換不可能な商品について商品到着後、1週間以上経過した商品・ご使用になられた商品
>>詳しくはこちら

配送について
郵パック
ヤマト運輸
レターパックライト

>>詳しくはこちら

営業日時について
・ご注文受付&メール受付
365日24時間受付
・電話受付&メール対応
平日10:00〜18:00

休業日・営業時間外のお問合わせは、
翌営業日以降に順次対応致します。

送料について
10000円以上お買い上げで送料無料
>>詳しくはこちら

お問合わせ
オプティマルライフ株式会社
責任者:広瀬 学
〒114-0003
東京都北区豊島1-30-2 飛鳥ハイム706
お電話:03-6903-0740
FAX:03-6903-0752