カテゴリ

コンテンツ
メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カレンダー
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日

予防接種では防げない!? 心がけたいインフルエンザ予防対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
本格的に寒くなってきました。

この時期になると猛威を振るい始めるのが「インフルエンザ」ですね。
日本では例年、12月から3月が季節性インフルエンザ流行のピークとなります。

38度以上の高熱や全身の関節痛など、インフルエンザを発症した場合の症状は、体力のある大人でも辛いものです。
また、小さなお子さんや高齢の方などでは、脳症や肺炎などの合併症を引き起こす重症となる場合もあります。
 
 

冬にインフルエンザが流行する理由は?


夏にインフルエンザにかかるという話はあまり聞いたことがありませんよね。
どうしてインフルエンザは冬になると流行するのでしょうか。

その理由として、まず、冬はインフルエンザウイルスが活動しやすい環境であることが挙げられます。
インフルエンザウイルスは、高温多湿に弱いため、夏場は長く生存することができません。
ところが、冬になると気温・湿度ともに低くなり長く生存できるため、感染力が高くなるのです。

ウイルスが感染力を強めることに加えて、人間の方にも感染しやすくなる要因が増えるのが冬です。
空気の乾燥により喉や鼻の粘膜も乾燥しやすくなるため、ウイルスが体内に侵入しやすくなります。

さらに、気温が低く体温が下がりがちな冬は、夏場に比べて血行不良を起こしやすく、免疫力が低下している人が多いものです。

こうした要因が重なり、冬場にはインフルエンザが流行しやすくなるのです。
 

インフルエンザ感染を予防するには


インフルエンザ予防と言えば、予防接種を思い浮かべる方が多いかもしれません。
でも、予防接種を受けたからと言って、インフルエンザにかからないというわけではありません。

厚生労働省によれば、インフルエンザワクチンの効果として認められているのは、 「感染後に発病する可能性を低減させる効果」「かかった場合の重症化防止」のみとなっています。

つまり、感染自体を予防するためには、自分で以下のような予防対策を心がけることが大切だと言えます。

・マスクの着用
インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみによる飛沫感染です。 感染対策には、感染者がマスクをする方が重要とされていますが、感染していても症状のない人もいます。
人ごみなどに出かける場合は、自衛のためにマスクを着用するようにしましょう。

・外出後の手洗い・うがい
手指などについたインフルエンザウイルスを取り除くため、外出後はしっかりと手洗い、うがいを行うようにしましょう。
石けんでしっかりと洗った後、消毒液などで除菌するのが効果的です。

・室内の湿度を適度に保つ
冬場は暖房などによって、室内の湿度が下がりがちです。
インフルエンザウイルスが生存しやすくなるだけでなく、粘膜の防御機能の低下にもつながるため、加湿器などを使って 湿度を50〜60%程度に保つようにしましょう。

・十分な休養と栄養バランスの良い食事
疲れや栄養不足は、身体の抵抗力を弱めます。
日頃からしっかりと身体を休め、栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。

プロ仕様の除菌剤で感染予防

インフルエンザ感染予防には、基本的ですがやはり手洗いや除菌が大切だと言えます。
そこでお勧めしたいのが「ノロウイルス退治液」です。

病院や食品工場で実際に使用されているプロ仕様の除菌剤なんですよ。
ノロウイルス退治液という名前ですが、ノロウイルスだけではなく、もちろんインフルエンザウイルスや、細菌、カビなどの除去にも使えます。

一般的な消毒・除菌剤に多く使用されているアルコールや塩素系薬剤を使用していないため、肌に優しいのがうれしいですね。
また、加湿器の水に少量加えて使用することもできます。

ご自宅や職場でのインフルエンザ感染予防に、ぜひ活用してみてくださいね。
ショッピングガイド
お支払について
下記のお支払い方法をご利用になれます。
代金引換
銀行振込
カード決済
郵便振替
>>詳しくはこちら

返品・交換について
商品到着後2日以内に電話かメールにて必ずご連絡の上、7日以内にご返送下さい。
●返品、交換不可能な商品について商品到着後、1週間以上経過した商品・ご使用になられた商品
>>詳しくはこちら

配送について
郵パック
ヤマト運輸
レターパックライト

>>詳しくはこちら

営業日時について
・ご注文受付&メール受付
365日24時間受付
・電話受付&メール対応
平日10:00〜18:00

休業日・営業時間外のお問合わせは、
翌営業日以降に順次対応致します。

送料について
10000円以上お買い上げで送料無料
>>詳しくはこちら

お問合わせ
オプティマルライフ株式会社
責任者:広瀬 学
〒114-0003
東京都北区豊島1-30-2 飛鳥ハイム706
お電話:03-6903-0740
FAX:03-6903-0752