カテゴリ

コンテンツ
メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カレンダー
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日

特に乳幼児は要注意! RS感染症の症状と予防法

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


特に乳幼児は要注意! RS感染症の症状と予防法

乾燥が進むと怖いのがインフルエンザなどの感染症ですね。

そのなかでも、最近増えてきている「RSウイルス感染症」というものをご存じでしょうか?
RSウイルスは乳幼児に感染しやすい特徴をもっているだけでなく、免疫機能の弱くなってきた高齢者にも注意が必要な感染症です。

RSウイルス感染症とは?

RSウイルスという病原体によって引き起こされる、乳幼児に多くみられる呼吸器感染症です。接触感染、飛沫感染によって広がります。

この感染症は生後1歳までにおよそ半数が感染し、2歳までにほぼ全ての幼児が初感染をし、生後数週間から数か月の間に感染した場合は重症な症状を引き起こすといわれています。
初感染では免疫はできにくく、大きくなるまでに感染を繰り返し少しずつ症状が軽くなっていきます。

このウイルスは秋から春と長い期間流行します。10月あたりから注意して4月ごろまで気を抜かないことが肝心です。

RSウイルス感染すると表れる症状

・鼻水
・痰(痰が絡んだ咳)
・発熱
・呼吸が浅くなる

風邪の症状と似ていますが、細気管支炎にかかった場合は50〜90%がRSウイルス感染症であるといわれています。
また、生後数週間から数か月の間に感染した場合は、非常に重い症状が出る可能性が高くなります。

学童の子供・大人も感染する

免疫が強くなってもRSウイルスの完全な抗体はできないため、感染することがあります。
鼻から感染して4〜5日の潜伏期間の後、風邪程度の症状が出て収まることが多いですが、38度を超える熱が続き、肺炎やぜんそく、気管支炎を起こすこともあるため注意が必要です。

また、子どもがRSウイルスに感染するとぜんそく発作を誘発することもあります。

以下の人は感染しやすいので注意が必要です。
・高齢者
・ぜんそく傾向のある人
・妊婦
・他の病気にかかり免疫が弱まっている人
・大量のRSウイルスを体に取り入れてしまった人

最後の例は看病にあたる親御さんが当てはまるので、特に気をつけましょう。

感染予防法

特に乳幼児は要注意! RS感染症の症状と予防法

「家族全員で手洗いうがいをする」などの感染症対策を心がけましょう。
1歳以下の子どもの場合は、感染させない状況にいかに置くかが大切です。

受動喫煙の恐れのある場所に行かない
タバコは気道を刺激し咳を悪化させて感染のリスクを高めます。

また感染後の場合は症状を悪化させてしまいます。

乳幼児と他の幼児・学童などの接触を避ける
免疫力によって症状はひとそれぞれですから、学童などの不特定多数の人と接触する環境は感染の恐れがあります。

手洗い、マスクを徹底する
人が大勢いる場所に行く際はマスクをすること、帰宅したら入念に手洗いうがいをすることが大切です。
風邪を貰ってこないように気を付けることが大切です。

子どもの看病でもRSウイルスに感染してしまうことがあります。
家にいてもマスクなどでしっかり防護をして、症状がひどい場合は速やかに病院に行くようにしましょう。

ノロウイルス退治液・プロ仕様

ノロウイルス退治液・プロ仕様

室内の浮遊病原菌、インフルエンザ、結核菌、食中毒菌など、さまざまな感染症を予防する、ノロウイルス退治液です。

除菌持続力があり、無害安全です。
吸っても肌に触れても炎症を起こすことはありません。
使用方法は、加湿器に入れて噴霧したり、除菌したいところに希釈液をスプレーしてください。

ノロウイルス退治液・プロ仕様

ショッピングガイド
お支払について
下記のお支払い方法をご利用になれます。
代金引換
銀行振込
カード決済
郵便振替
>>詳しくはこちら

返品・交換について
商品到着後2日以内に電話かメールにて必ずご連絡の上、7日以内にご返送下さい。
●返品、交換不可能な商品について商品到着後、1週間以上経過した商品・ご使用になられた商品
>>詳しくはこちら

配送について
郵パック
ヤマト運輸
レターパックライト

>>詳しくはこちら

営業日時について
・ご注文受付&メール受付
365日24時間受付
・電話受付&メール対応
平日10:00〜18:00

休業日・営業時間外のお問合わせは、
翌営業日以降に順次対応致します。

送料について
10000円以上お買い上げで送料無料
>>詳しくはこちら

お問合わせ
オプティマルライフ株式会社
責任者:広瀬 学
〒114-0003
東京都北区豊島1-30-2 飛鳥ハイム706
お電話:03-6903-0740
FAX:03-6903-0752