カテゴリ

コンテンツ
メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カレンダー
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日

花粉だけじゃない、ウイルスやPM2.5まで! 対策方法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


春は風も強く、花粉が多く飛散する時期です。

ですが、怖いのは花粉だけではありません。ウイルスやPM2.5など目に見えない物質が飛び交っているのです。
それぞれどのような症状が起きるか? どのような対策が必要かご存知でしょうか?

ここでは、それぞれ体に及ぼす影響と予防法をご紹介します。

花粉症

スギやヒノキなどの花粉を吸いこむことでアレルギー反応が起こり、鼻水や鼻詰まり、目のかゆみが生じてしまいます。
詳細・対策に関しては前回の記事を参考にしてくださいね。

十分に対策取れてる? 基本を再確認して入念な花粉症対策を!

ウイルス(インフルエンザ)

インフルエンザにはA.B.C型がありますが、一般に連想されるインフルエンザがA型です。
これは人だけではなく豚や鳥、馬にも感染し、高熱が出て症状も長く続きます。

B型とC型は人にのみ感染します。B型は免疫を持つ人が多いために大きな流行はなく、C型は感染力が弱いために流行することはあまりありません。
しかし、C型の場合は子どもに感染することが多いので注意が必要です。

《対策》
・予防接種を受ける
インフルエンザに一番有効的な予防法です。
11月のうちに予防接種を受けるとインフルエンザ流行のピークをカバーすることができます。
完全に防ぐことはできませんが、かなりの予防効果が期待できるので必ず受けるようにしましょう。

・外出後のうがいと手洗い
帰宅したら手洗いとうがいをしましょう。
同時にアルコールで手を消毒すると効果的です。

・室内は適度に加湿する
乾燥していると喉の粘膜が乾いてしまい防御反応を低下させます。
湿度は50〜60%を保つと良いでしょう。

・人混みを避ける
人が多く出歩く場所へは行かないようにしましょう。
人の行き来のためにウイルスが舞いやすい環境です。感染者とすれ違う可能性もあります。

PM2.5

PMとはParticulate Matter(微粒子物質)の略で直径が2.5μm(マイクロメートル)以下であることからPM2.5と呼ばれています。
これは大きさを表しているので特定の物質やウイルスを指していません。

そのため中国だけでなく日本にもあるということを知っておきましょう。
もちろん、中国の汚染された大気や黄砂などが風にのって日本に上陸することは無視できません。
しかしPM2.5には工場や車の排気ガス、家庭ではタバコの煙なども含まれるため、中国からの飛来する量が少ないと予報されても十分な警戒が必要です。

《対策》
シーツなどを外に干さない
肌に触れるものは外に干すのを控えましょう。

・ウイルス用マスクを使用する
非常に小さな粒子のためウイルス用のマスクを使用しましょう。

・空気清浄器を使用する
高性能のフィルターを使用し、ウイルスの侵入も防げるものを使用しましょう。

他にも、花粉や黄砂と同じく手洗いうがいはもちろん、換気や窓の開閉を出来るだけ少なくすることが大切です。

春は風が強く色んなものが舞っています。
何も対策を取らずにいると、知らず知らずのうちに悪影響を受けているかもしれません。

インフルエンザなどは一度かかると回復するまでに時間がかかってしまいますから、健康なうちから対策をしっかりと行って健康を維持しましょう。


ウイルス・花粉・ヤニ取りマスク(セシウム・PM2.5対策) 10枚入り
0.1μm以上の微粒子を95%以上補足することで、ウイルスや花粉、ヤニの侵入を予防します。

電車やバス、繁華街など人が多く集まる場所では積極的に使用して予防しましょう。

商品はこちら

ショッピングガイド
お支払について
下記のお支払い方法をご利用になれます。
代金引換
銀行振込
カード決済
郵便振替
>>詳しくはこちら

返品・交換について
商品到着後2日以内に電話かメールにて必ずご連絡の上、7日以内にご返送下さい。
●返品、交換不可能な商品について商品到着後、1週間以上経過した商品・ご使用になられた商品
>>詳しくはこちら

配送について
郵パック
ヤマト運輸
レターパックライト

>>詳しくはこちら

営業日時について
・ご注文受付&メール受付
365日24時間受付
・電話受付&メール対応
平日10:00〜18:00

休業日・営業時間外のお問合わせは、
翌営業日以降に順次対応致します。

送料について
10000円以上お買い上げで送料無料
>>詳しくはこちら

お問合わせ
オプティマルライフ株式会社
責任者:広瀬 学
〒114-0003
東京都北区豊島1-30-2 飛鳥ハイム706
お電話:03-6903-0740
FAX:03-6903-0752