健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の通販ならオプティマルライフ

ログイン
新規会員登録 カート
ホーム お支払いについて 配送について 特定商取引法 公式ブログ お問合わせ

健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の
通販ならオプティマルライフ

HOME > オプティマルライフコラム > サプリメント > 心も体もお疲れ気味の方に。「癒しの空間」をつくるポイント3つ

心も体もお疲れ気味の方に。「癒しの空間」をつくるポイント3つ

心も体もお疲れ気味の方に。「癒しの空間」をつくるポイント3つ

ストレス社会といわれている昨今。仕事や人間関係に悩みを持っている方は多いでしょう。
心や体の疲れを取るためには、日々を過ごす自分の部屋に癒しの空間をつくってあげることが大切です。
インテリアの配置や色彩などに工夫をして、自分だけの癒しの空間をつくりだしましょう。

今回は、リラックスできる癒しの空間づくりのポイントをご紹介いたします。

 

1. 癒し効果抜群の「観葉植物」を取り入れる

部屋に温かみを演出してくれる観葉植物はぜひ取り入れたいアイテムの1つです。
グリーンの植物を眺めていると、パソコンやスマートフォンの見すぎによって疲れた目を癒すことができるといわれています。
目の疲れがひどくなると頭痛や肩こりなどの弊害も生まれます。
これがストレスにつながることもあるため、観葉植物を取り入れて眼精疲労対策をおこないましょう。

また、観葉植物には空気を洗浄するという効果も期待できます。
マイナスイオンも発してくれるので、なるべく多くの観葉植物を置くのがおすすめです。
窓際や壁沿いなど、殺風景になりがちなスペースに置いて癒しの空間をつくりましょう。

2. リラックススペースとしてお気に入りの「ソファ」を取り入れる

とくに1人暮らしの場合や自分専用の部屋を設けている場合は、室内にソファを置いていないという方も多いでしょう。
ベッドがソファ代わりになっていて、休みの日になると1日中ベッドの上で過ごすということもあるのではないでしょうか。

しかし、このようにベッドをソファ代わりに使っていると、眠る場所と休憩する場所の区別がつかなくなって満足にリラックスすることができなくなります。
疲れた心と体をきちんと癒すためには、リラックスのための専用スペースをつくることが大切です。
部屋が狭くてソファが置けないという場合には、座椅子やクッションを置くだけでもOK。
座り心地にこだわって、心地よく座っていられるものを選びましょう。

3. 「間接照明」を取り入れて癒しの空間をつくろう

フォトニックフラクタル イマジン 

癒しの空間づくりには間接照明が欠かせません。天井から降り注ぐ明るい光を浴び続けていると、交感神経が活発になってリラックスムードに切り替えることができないのです。
とくに、眠る前は心や体を落ち着かせたほうがいいので、間接照明によるやさしい光を灯すようにしましょう。

間接照明といっても種類はたくさんあり、好みや部屋の広さなどによって選ぶことができます。
まずはベッドサイドなどに気軽に置いておけるスタンドライトなどから購入してみるのがおすすめです。

また、色彩効果によるリラックスムードを高めたい方におすすめなのが、クリスタルの美しい輝きの中にLEDの幻想的な光が灯る「フォトニックフラクタル イマジン」です。

美しい輝きを持つフォトニックフラクタルは、その場に置いておくだけで空気を美しく変化させ、その空間全体を癒しのムードで包み込みます。
フラクタルの中に閉じ込められた輝きを見ているだけでも、心と体が洗われていくでしょう。

詳しい商品情報はこちら

「間接照明」を取り入れて癒しの空間をつくろう

インテリアを少し変えるだけでも癒しの空間をつくりだすことはできます。
1日の中でも長い時間を過ごす自分の部屋にリラックスムードを取り入れて、疲れた心と体を癒してあげましょう。

 

この記事に関連するキーワード

キーワード検索