健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の通販ならオプティマルライフ

ログイン
新規会員登録 カート
ホーム お支払いについて 配送について 特定商取引法 公式ブログ お問合わせ

健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の
通販ならオプティマルライフ

HOME > オプティマルライフコラム > サプリメント > 冬こそ油断厳禁! 手洗いができないときの手指の除菌方法

冬こそ油断厳禁! 手洗いができないときの手指の除菌方法

冬こそ油断厳禁! 手洗いができないときの手指の除菌方法

冬こそ油断厳禁! 手洗いができないときの手指の除菌方法

ウイルス性の病気や風邪などが流行する冬場は、こまめに手洗いをしてウイルスや菌を寄せ付けないようにすることが大切です。
とくに食事の前や外出後は手洗いが絶対必要なタイミングですが、仕事やプライベートで忙しく、疲れているときにはつい手洗いをさぼってしまうこともあるでしょう。
また、外出先などで手洗い場や石鹸が無い場合は、やむを得ず長時間手が洗えないこともありますよね。

そんなときには、手を洗うのではなく「除菌」することにシフトチェンジすることが大切です。今回は、ウイルス性の病気や風邪が増える冬に必見の、手指の除菌方法をご紹介いたします。

 

手についた菌を取り除く手指の除菌方法

1. 「除菌」と記載されているウェットシートを使う

ピクニックや遠足など屋外で食事をする際、持っておくと安心なのがウェットシートです。
水分を含んでいるため汚れを拭き取ることができ、手だけでなく口周りの汚れも取ることができます。小さなお子さんがいるお母さんの必需品とも言えるでしょう。

しかし、ここで注意しておきたいのが、ウェットシートに「除菌」と記載されているかどうかです。
パッケージなどに除菌の記載がない場合は、汚れを落とすことはできても除菌をすることはできません。そのため、どんなに念入りに手を拭いても、菌は手に付着したままになっているのです。

除菌を行うためには、きちんと「除菌」と記載されたウェットシートを選ぶようにしましょう。
一般的な除菌用ウェットシートは、アルコールが含まれているものが多いですが、アルコールの濃度が70~80%程度のものが、より除菌に働きかけてくれるといわれています。

2. アルコールのハンドジェルを使う

アルコールが含まれたハンドジェルを使用すると、水がない環境でも手指の除菌をすることができます。
除菌ができるハンドジェルを数滴手の上に出し、両手をこすりあわせるだけでOKなので、時間がないときでもスピーディーに除菌が完了するのが嬉しいポイントです。
また最近では、除菌の効果に加えて香りのよさやボトルの可愛さにもこだわっているアイテムも増えているため、コスメ感覚で持ち歩く女性も増えています。
ポーチやバッグの中に入れておけば、どこでも可愛く除菌ができるでしょう。

3. 手荒れを防ぐ「銀イオン水」を使う

銀イオン水(食品工場プロ仕様)

除菌に効果のある成分といえば、多くの方が「アルコール」を思い浮かべるでしょう。
上でも紹介している通り、アルコールは除菌に使用される成分です。

しかし実は、アルコールを餌にして増殖するハンゼヌラという菌もいます。
万能に思えたアルコールを使用しても完璧に除菌することはできないのです。
そこでおすすめなのが、ハンゼヌラも除菌できる「銀イオン水」です。

アルコールで増殖するハンゼヌラを防ぐため、パンやケーキなどを作る食品工場でも取り入れられています。
もちろんハンゼヌラだけでなく、ノロウイルスやサルモネラ菌などの悩みを解決に導いてくれますよ。

また、銀イオン水には毒性がなく刺激も少ないため、刺激に敏感な赤ちゃんやお年寄りでも安心して使うことができます。
アルコールでは肌荒れしてしまうという敏感肌の方にも、銀イオン水がおすすめです。スプレーに入れて銀イオン水を持ち歩き、どこでも除菌できるようにしておきましょう。

食中毒や菌の増殖というと夏を思い浮かべがちですが、実は冬も油断大敵のシーズンです。
とくにウイルス性の病気は冬に多く、中でもノロウイルスの発生は11~2月に集中します。

「冷たい水で手を洗うのが面倒」「手を洗う場所がない」このような理由で手洗いを怠るのではなく、健康のためにも銀イオン水を上手に使って除菌しましょう。

詳しい商品情報はこちら

手荒れを防ぐ「銀イオン水」を使う

 

この記事に関連するキーワード

キーワード検索