健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の通販ならオプティマルライフ

ログイン
新規会員登録 カート
ホーム お支払いについて 配送について 特定商取引法 公式ブログ お問合わせ

健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の
通販ならオプティマルライフ

HOME > オプティマルライフコラム > 健康グッズ > 乳酸菌とは違う? 「乳酸菌生産物質」とは

乳酸菌とは違う? 「乳酸菌生産物質」とは

乳酸菌とは違う? 「乳酸菌生産物質」とは

心身の健康を維持するためには、“腸内環境”を見直すことが重要だということは広く知られていますよね。

人の腸内に生息する細菌は数百種類にも上り、その数は600兆個以上とされています。
体を健康な状態へ導くためには、これらの細菌群(腸内フローラ)のバランスを整えることが重要です。

今回は、理想的な腸内環境とはいったいどのような状態なのか、腸内フローラのバランスを整える方法とあわせてご紹介いたします。

 

腸内フローラの理想的な環境

腸内フローラを構成する細菌は、体に悪影響を及ぼす「悪玉菌」、体の調子を整えてくれる「善玉菌」、悪玉菌・善玉菌のどちらでもない「日和見菌」の3つに分けられます。
腸内で悪玉菌が増殖すれば、便秘や下痢といったお腹の不調を招いてしまうことに。

さらに、日和見菌はそのときどきで優勢な方に同調して作用するため、悪玉菌が増殖している状況では悪玉菌の作用を増長してしまいます。
そのため、腸内環境を整えて健康を維持するためには、腸内フローラに善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を食い止めることが重要となるのです。

 

善玉菌を増やすためには?

腸内フローラの理想的な環境は、細菌が「悪玉菌1:善玉菌2:日和見菌2」のバランスになっていることです。

しかし、腸内フローラの環境は、食生活やストレスなど、生活の影響を受けて日々変化するもの。
そこで、腸内フローラのバランスを保つために重要となるのが、善玉菌の代表である乳酸菌です。
乳酸菌には、腸内で乳酸や酢酸を作り出し、悪玉菌の腸への定着や増殖を防ぐ働きがあります。

さらに、乳酸と酢酸には整腸作用もあるため、下痢や便秘といった不調の改善にも効果が期待できるのです。

 

乳酸菌を腸に定着させるのは難しい?

腸内環境を整えるために重要な乳酸菌ですが、ヨーグルトや乳酸菌飲料を頑張って摂取しても、生きた乳酸菌を腸に定着させるのは難しいとされています。
そこで注目を集めているのが、「乳酸菌生産物質」です。
乳酸菌生産物質とは、乳酸等の“乳酸菌が生み出す物質”のこと。

乳酸菌生産物質を取り入れることで、乳酸菌が腸内で増殖しなかった場合でも、乳酸菌が生み出す有用成分をダイレクトに摂取することが可能となるのです。

乳酸菌生産エキス スーパー16

乳酸菌生産エキス スーパー16

「乳酸菌生産エキス スーパー16」は、16種35株の善玉菌が生産したエキスです。
尺八の音楽を聞かせる特殊な方法で製造された乳酸菌生産エキスが、腸内フローラを良好に保ってくれますよ。

原液をそのまま摂取するか、水やぬるま湯で薄めて召し上がるのがおすすめです。
酸味が苦手な方は、黒砂糖やはちみつで甘みをプラスして飲みやすくしてみてください。

詳しい商品情報はこちら

乳酸菌を腸に定着させるのは難しい?

人の免疫力のおよそ70%を司るともいわれる腸。
体だけではなく、心の健康をキープするためにも腸内環境を整えることは欠かせません。

乳酸菌生産エキスの力で腸内フローラを良好な状態へと導き、心身の健康を守りましょう。

 

この記事に関連するキーワード

キーワード検索