健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の通販ならオプティマルライフ

ログイン
新規会員登録 カート
ホーム お支払いについて 配送について 特定商取引法 公式ブログ お問合わせ

健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の
通販ならオプティマルライフ

HOME > オプティマルライフコラム > サプリメント > その肌荒れや痒み……もしかすると水道水が原因かも!?

その肌荒れや痒み……もしかすると水道水が原因かも!?

その肌荒れや痒み……もしかすると水道水が原因かも!?

人間が生活していく上で、水は欠かせないものです。健康や美容のために飲むことはもちろん、洗顔やお風呂、食器洗いや洗濯など、さまざまなシーンで水を使用しています。
しかし、この水が肌トラブルを招いているかもしれません。
人々の生活に欠かせない水と肌荒れの関係を知り、健やかな肌を保つための対策方法をチェックしましょう。

 

水道水が肌荒れの原因になるって本当?

世界に目を向けると水の衛生状態が整っていない国が多いのに対し、日本では蛇口をひねれば清潔で安全な水が出てきます。
しかし、日本の水道水が安全なのは塩素によって水を殺菌しているためです。
日本では、水道水1Lに対し、塩素を1.0mg以上残さなければならないという決まりがあります。

この残っている塩素を残留塩素といいますが、量が多くなればなるほど肌にダメージを与える可能性が高くなるため注意が必要です。

水道水に含まれる残留塩素と肌トラブルの関係とは

水道水を衛生的に保つために欠かせない残留塩素ですが、敏感肌や乾燥肌の方の大敵になることがあります。

残留塩素は物質に付着しやすいという特徴があるため、肌にも付着しやすく、肌のタンパク質を傷めて肌のバリア機能を低下させることがあるのです。
肌のバリア機能が低下すると、乾燥や紫外線、雑菌、ハウスダストなどの影響を受けやすくなり、肌トラブルが起こりやすくなるため注意が必要です。

残留塩素が引き起こす可能性のある肌トラブルとは

残留塩素による影響の出方には個人差がありますが、肌のバリア機能が低下した場合はさまざまな肌トラブルに発展することがあります。

肌の痒みや赤み、アトピー、乾燥などが主な例です。
残留塩素による肌の乾燥を放置していると、肌に古い角質が溜まってくすみやザラつきなどにつながる上、毛穴が詰まりやすくなってニキビなどのトラブルに発展することもあります。
慢性的な肌トラブルに悩まされているという場合は、残留塩素の対策をとることが大切です。

水道水の残留塩素の対策方法とは?

水道水の残留塩素の対策方法とは?

水道水の残留塩素の対策として、ミネラルウォーターや浄水器を使用するという方法がありますが、コストや手間がかかります。
そこでおすすめなのが、肌にやさしいミネラル液の使用です。水道水に入れるだけで塩素の刺激を和らげることができ、さらに酸化還元電位を低くすることができます。

肌にやさしいミネラル液

酸化還元電位が高い水は味が落ち、肌トラブルなどを引き起こす原因になることがありますが、ミネラル液を水道水に入れることで名水の味や肌あたりに近づけることができるのです。
ミネラル液の使い方は簡単で、10倍に希釈してスプレーしたり、お風呂に入れたりするだけでOK。
気になる肌の痒みや乾燥などのトラブルを防ぐ効果が期待できます。

水は生活に欠かせないものだからこそ、体にいいものを使用したいものです。
使い方が簡単で肌にやさしいミネラル液を上手に活用して、水道水による肌トラブルを回避しましょう。

詳しい商品情報はこちら

 
 

 

この記事に関連するキーワード

キーワード検索