カテゴリ

コンテンツ
メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カレンダー
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日

花粉も生乾きもイヤ!花粉の季節の洗濯物

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
毎年多くの人が悩まされるアレルギー、花粉症。
反応する花粉は人それぞれですが、目の痒みや鼻水、鼻づまりなど、アレルギー症状は似たりよったりです。
花粉が舞う季節になると、多くの人は対策をして花粉をブロックします。

マスク、飲み薬、メガネ、徹底した掃除、そして部屋干し。
今回は、花粉症の季節の洗濯物事情についてお話します。
   

花粉か生乾きか、選ぶなんてムリ!


花粉症の多くの人が症状に悩まされる冬。よりによって一番洗濯物が乾きにくい時期に花粉はたくさん舞い始めるのです。
仕方なく部屋干しをしているけど、洗濯をしても段々生乾きの臭いが抜けなくなってくる…という経験はありませんか?

どれだけ性能の良い洗濯機でも、臭いの原因とされるモラクセラ菌を完全に取り除くことは難しく、どんどんと臭いが蓄積されてしまうのです。
結果、花粉の季節を抜けた頃には臭くてゴミ箱行き、なんてこともありますよね。

しかし、ダメになってしまうからといって花粉が付いてしまうのを我慢して外に干すなんてありえません。
どれだけ徹底した花粉対策をしても、着ている洋服に花粉がたくさん付着していたら元も子も無いのです。

生乾きを我慢して室内に干すか、花粉が付いてしまうのを覚悟で野外に干すか。
花粉の季節の洗濯物は、日本人の多くが悩まされている問題でしょう。
 

対策・予防が快適に過ごす近道

花粉の季節だからといって、何かを我慢して生活しなければならないなんてことはありません。
きっちりと対策を行えばいいのです。
洗濯をする段階から出来る花粉症対策、生乾き予防法を幾つかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.洗濯機をキレイに保つ
洗濯槽の中は、ホコリやカビが蓄積してしまいがちです。
外出して花粉が付着した洋服を洗濯すれば、汚れに紛れて花粉が洗濯槽に残ってしまうことも。
酸素系漂白剤等を使用してカビやホコリを浮かして洗い流し、花粉が洗濯槽に残らない状況を作りましょう。
洗濯機を清潔に保つことで、臭いの原因となるモラクセラ菌を洗い落しやすくもなります。

2.洗濯物の乾燥を促す
エアコンの除湿を使用したり、扇風機の風を当てるなど、なるべく早い乾燥を心がけましょう。
また、使用後は湿った状態をなるべく作らないように、バスタオル等は広げて置いておいて下さい。
湿気の残った洗濯物は外出時に付着した花粉を落としにくくしてしまうので、「水分」は生乾き対策、花粉対策の両面から見て、注意すべきポイントと言えます。

3.汚れ、菌を他の衣服に繁殖させない
台布巾やタオル類など、確実に汚れるものは手洗いで目立つ汚れを落としましょう。
臭い菌だけに限らず、菌そのものを他の衣服に繁殖させなければ臭いや汚れの残りは劇的に改善されます。
花粉が付着している服も同様、あらかじめ浴槽ではたいてから洗濯機に入れたり、花粉を落とすという工程をできるだけ取り入れ下さい。

除菌はく離洗剤・洗濯槽クリーナー


対策方法はさまざまありますが、育児や仕事で毎日手間をかけるのが難しいという方もいらっしゃると思います。
花粉は年中飛び回っているものですので、対策が面倒なのも正直なところ。

時間も手間もかけたくないあなたにお勧めなのが、生乾き対策・花粉対策を一気に行ってくれるオプティマルライフの
除菌はく離洗剤・洗濯槽クリーナー」です。
洗濯槽の洗浄、花粉の除去、モラクセラ菌の除去を同時に行ってくれます。

雑菌を除去することに特化した洗剤でありながら、乳児の衣服の洗濯にも使える優しい洗剤です。
一袋で約50回の洗濯ができる大容量です、ぜひお試しください。

ショッピングガイド
お支払について
下記のお支払い方法をご利用になれます。
代金引換
銀行振込
カード決済
郵便振替
>>詳しくはこちら

返品・交換について
商品到着後2日以内に電話かメールにて必ずご連絡の上、7日以内にご返送下さい。
●返品、交換不可能な商品について商品到着後、1週間以上経過した商品・ご使用になられた商品
>>詳しくはこちら

配送について
郵パック
ヤマト運輸
レターパックライト

>>詳しくはこちら

営業日時について
・ご注文受付&メール受付
365日24時間受付
・電話受付&メール対応
平日10:00〜18:00

休業日・営業時間外のお問合わせは、
翌営業日以降に順次対応致します。

送料について
10000円以上お買い上げで送料無料
>>詳しくはこちら

お問合わせ
オプティマルライフ株式会社
責任者:広瀬 学
〒114-0003
東京都北区豊島1-30-2 飛鳥ハイム706
お電話:03-6903-0740
FAX:03-6903-0752