カテゴリ

コンテンツ
メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カレンダー
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日

【化学的なアプローチ】アルカリ洗浄水が汚れに効くワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
キッチン周りの油汚れは、毎日の掃除を少しでも怠るとガチガチに固まってしまって、全く手が付けられなくなるものです。
最近ではアルカリ洗浄水が流行しているのですが、これを使用することで油汚れが簡単に落ちると認識されています。

しかし、なぜアルカリ洗浄水を利用することで油汚れが簡単に落ちるのでしょうか?
   

その汚れ、酸性? アルカリ性?

掃除の基本は「汚れの性質を見極めること」です。
大きく分けて「酸性」「アルカリ性」と2つの汚れがあるのですが、この時に逆の性質を持った洗剤を用いることで、汚れを中和・分解し、
簡単に落とせるようにします。

つまり、アルカリ性の洗剤やアルカリ洗浄水は酸性の汚れに効果的です。
 

油・皮脂汚れはアルカリでお掃除

代表的な酸性の汚れに「油・皮脂汚れ」が挙げられ、アルカリはこれらの洗浄に効果的です。
油脂は「脂肪酸」を成分に持つのですが、これにアルカリが反応して一種の石鹸を作り上げます。

石鹸へと変わった脂肪酸は、他の汚れを洗い流す手助けをしてくれるのです。
「汚れ」を利用した、非常に科学的な洗浄方法だと言えるでしょう。

タンパク質にもアルカリ

汚れが落ちづらいカーペットなどに血や食べこぼしが付着してしまうと、非常に落ち込んでしまうものですが、アルカリを利用することで
簡単に解決できます。
タンパク質は多くのアミノ酸が結合してできている成分ですが、アルカリはこの結合をカットする効力があり、タンパク質自体をもろくすることが可能です。

カーペットの繊維にタンパク質汚れが染みついてしまっても、アルカリを利用することで汚れ自体を弱体化させ、容易に落とせるように
なります。

デメリットも

キッチン周りの油汚れはもちろん、ワイシャツの襟についた黄ばみやユニフォームの汚れなどにも効果的なアルカリですが、デメリットがあるのも確かです。
一番のデメリットは「アルミ製品に使えない」ということ。
アルミ製品にアルカリを使用すると化学反応によって水酸化アルミニウムへと変わっていくのですが、これは「アルミの腐食が進んでいる」と言い換えられます。

アルカリ洗浄水は今や多くの企業から販売がされていますが、このアルミに関する課題を乗り越えた製品はありませんでした。

「キッチン油落とし洗浄水(アルカリ洗浄水) ・プロ仕様」は従来のアルカリ洗浄水とは大きく異なり、 アルミを始めとした金属類を溶かさないのが特徴です。

金属が錆びないので鍋はもちろん、自転車などの汚れ落としにも有用となります。
ぜひお試しください。
ショッピングガイド
お支払について
下記のお支払い方法をご利用になれます。
代金引換
銀行振込
カード決済
郵便振替
>>詳しくはこちら

返品・交換について
商品到着後2日以内に電話かメールにて必ずご連絡の上、7日以内にご返送下さい。
●返品、交換不可能な商品について商品到着後、1週間以上経過した商品・ご使用になられた商品
>>詳しくはこちら

配送について
郵パック
ヤマト運輸
レターパックライト

>>詳しくはこちら

営業日時について
・ご注文受付&メール受付
365日24時間受付
・電話受付&メール対応
平日10:00〜18:00

休業日・営業時間外のお問合わせは、
翌営業日以降に順次対応致します。

送料について
10000円以上お買い上げで送料無料
>>詳しくはこちら

お問合わせ
オプティマルライフ株式会社
責任者:広瀬 学
〒114-0003
東京都北区豊島1-30-2 飛鳥ハイム706
お電話:03-6903-0740
FAX:03-6903-0752