カテゴリ

コンテンツ
メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カレンダー
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日

食事制限の効果とは!食べる量を減らすためには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


食事制限の効果とは!食べる量を減らすためには?

冬の間は隠れていたボディライン、油断してたるんでしまってはいませんか?
「春夏に向けてダイエットを始めようにも、なかなか運動をする時間が取れない……」
そんな時に思いつくのが食事制限ダイエットです。

食事制限をすることでどのような効果を得ることが出来るのでしょうか。

食事制限はリバウンドしやすい?

ダイエットのための食事制限と聞くと、炭水化物を抜いた食事や単品ダイエットなどの極端なものをイメージしがちです。

また、食事制限によるダイエットはリバウンドしやすいという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
確かに、極端な食事制限はダイエットには逆効果です。
「栄養バランスの乱れ」により代謝が下がり、太りやすい体になってしまいます。

また、「急激な体重の変化」によってリバウンドも起こりやすくなります。

正しい食事制限の方法とは

では、食事制限はダイエットに効果的ではないのかというと、そんなこともありません。
太る1番の原因は食べ過ぎです。
ついてしまった脂肪を落とすには運動するのが1番ですが、太る原因を断つためには食事制限が欠かせません。

先ほども挙げましたが、リバウンドしてしまう原因は「栄養バランスの乱れ」と「急激な体重の変化」です。
大切なのは食べないことではなく、摂取カロリーを現在よりも落とすこと。

太っているということは、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまっているということです。
栄養のバランスはしっかりと保ったまま、1日の摂取カロリーを20%ほど落とすのが最も健康的に体脂肪を落とす食事制限の方法です。

食事の摂り方で注意すること

食事の摂り方で注意すること

食事制限をする上で気を付けたいのは以下の3点です。

■栄養バランスを意識すること
摂取カロリーを減らすために、「カロリーの多い炭水化物を食べない」ではバランスがしっかりと取れていません。
人に必要な3大栄養素、「炭水化物」「脂質」「タンパク質」をバランスよく摂りながら、カロリーを減らすようにしましょう。

■食事量の減らし方に注意!
朝はあまり食べずに、夜はたくさん食べるという現代人にありがちな食事スタイルには注意が必要です。
たとえ総摂取カロリーが少なかったとしても、太りやすくなってしまいます。

原因は、食べる時間帯が遅いほど脂肪が蓄積されやすくなってしまうことです。
食事制限をする際は、朝から夜にかけて食事量を減らしていくようにしてください。

食欲を抑えるためには?

NUVITORIN(ニュビトリン

これまで当然のように食べていた食事の量を減らすには、強い意志が必要です。

また、満腹感を得られずにストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。
そんな時にオススメなのは、満腹感を刺激してくれる製品を使用することです。

NUVITORIN(ニュビトリン)
詳しい商品はこちら

ショッピングガイド
お支払について
下記のお支払い方法をご利用になれます。
代金引換
銀行振込
カード決済
郵便振替
>>詳しくはこちら

返品・交換について
商品到着後2日以内に電話かメールにて必ずご連絡の上、7日以内にご返送下さい。
●返品、交換不可能な商品について商品到着後、1週間以上経過した商品・ご使用になられた商品
>>詳しくはこちら

配送について
郵パック
ヤマト運輸
レターパックライト

>>詳しくはこちら

営業日時について
・ご注文受付&メール受付
365日24時間受付
・電話受付&メール対応
平日10:00〜18:00

休業日・営業時間外のお問合わせは、
翌営業日以降に順次対応致します。

送料について
10000円以上お買い上げで送料無料
>>詳しくはこちら

お問合わせ
オプティマルライフ株式会社
責任者:広瀬 学
〒114-0003
東京都北区豊島1-30-2 飛鳥ハイム706
お電話:03-6903-0740
FAX:03-6903-0752